「◯◯が亡くなったので、不動産(土地、家、マンション)の名義変更をしたい」という方は、このページをお読みください。

  • 相続による不動産の名義変更の手続きを、どのような手順で進めたらいいか?
  • 相続登記には、どのような書類が必要か?
  • 相続による名義変更の手続きには、いくらくらいかかるか?

などがおわかりいただけると思います。

おちいし司法書士事務所では、いつでも相続登記の手続き費用のお見積もりを無料でご案内いたします。

また、法定相続情報証明制度の手続きについても、お取り扱いしています。登記手続きとあわせて、または相続手続きを始める前にお申し付けください。

 

 

相続登記とは

不動産(土地、家、マンションなど)を持っている方がお亡くなりになった後、その不動産を相続人の名義に変えるのが相続登記です。
どなたの名義にするかは、亡くなられた方の遺言書があれば、遺言の内容に従いまし、
遺言がなければ、相続人全員の話し合い(遺産分割協議)で決めます。

相続登記は、相続放棄や相続税のようにいつまでにしなければならないという期限はありません
名義変更の登記をしなくても、その家で変わらず生活していくことはできます。

しかし、長い間亡くなった方名義のままにしておくと、いざ名義変更をしようとしたときに手続きが大変になったり、余計な費用がかかってしまうことがあります。⇒相続登記をしないデメリット

 

司法書士としましては、早めに手続きすることをオススメいたします

最近、所在不明土地問題に関する報道を見聞きされた方も多いのではないでしょうか?その原因の一つが、相続登記がなされていないことと言われています。
今、国土交通省や法務省で不動産登記の義務化など検討されていますので、今後は変わるかもしれません。

相続登記の手続きのながれ

不動産の登記は、その物件の所在地を管轄する法務局で手続きをします。

久留米市、小郡市、うきは市、三井郡大刀洗町の物件 ⇒福岡法務局久留米支局
柳川市、大牟田市、大川市、みやま市、三潴郡大木町の物件 ⇒福岡法務局柳川支局
八女市、筑後市、八女郡広川町の物件 ⇒福岡法務局八女支局
鳥栖市、三養基郡みやき町・上峰町・基山町、神埼郡吉野ヶ里町の物件 ⇒佐賀地方法務局鳥栖出張所

 

相続による名義変更(相続登記)は、相続人がご自分で手続きすることもできます。法務局で無料の登記相談(事前予約制)を利用できます。ただ、平日8:30~17:15に、相談や申請書を提出のために何度も法務局に行く必要があります。(郵送でも申請することはできます。)
また、手続きに必要な戸籍の収集も慣れないことでしょうから、思いのほか手間と時間がかかるだろうと思います。

だから、ストレスなく相続による名義変更(相続登記)の手続きをしたい方は、不動産登記の専門家である司法書士に依頼することをオススメいします

 

【当事務所にご依頼いただく場合の手続きのながれ(遺産分割の場合)】

当事務所に相続登記をご依頼いただきましたら、手間のかかる戸籍の取り寄せを含めて、ほとんどの手続きを司法書士におまかせいただけます。ご参考までに相続登記手続きの流れをご説明いたします。

※お客さまのご準備の具合によっては、以下の手順が前後することがあります

相談予約

お電話 0942-32-0020 か お問い合わせフォーム からご予約ください。

当事務所は司法書士ひとりの事務所ですので、もしお客さまが司法書士の外出中にお越しいただくとご迷惑をおかけしてしまいます。当日でも構いませんので、必ずご連絡をお願いいたします。

当事務所にお越しになるのが難しい方は、司法書士がご自宅まで伺いいたしますので、ご予約の際、ご遠慮なくお申し付けください。

また、相続登記は書類の郵送やメールでのやり取りで手続きを進めることができますので、遠方からのご依頼も大歓迎です。たとえば、福岡や佐賀にあるご実家の名義変更をしようと思っているが、いま現在、関東に住んでいるというお客さまからのご依頼も多数いたただいていますので、ご安心ください。

対応がこまめで分かりやすく親切であり、何かと不安を取り除いていただいた。すべてにおいて満足できる相談対応であった。遠方(関東)からの連絡・相談にもていねいに対応していただき感謝しております。相続登記をご依頼いただいたお客さまの声(男性)

ご予約日

固定資産税の納税通知書や評価証明書、権利証(登記済証、登記識別情報)、戸籍などがご準備できるようでしたら、それらをお持ちください。

遺言書があるかどうか、相続人の構成、名義変更の対象となる物件などを確認して、手続きのご説明や概算費用をご案内をいたします。ご納得いただきましたら、手続きを進めます。

(もっとくわしく)相続登記のことを相談する時、準備するもの

遺産分割協議(遺産分けの話し合い)

誰がどの遺産を相続するかを、話し合いで決めていただきます。(一堂に会する必要はありません。)

遺産分割の話し合いで決まった内容をお伝えいただきましたら、当事務所で遺産分割協議書を作成します。
(最初の相談の際、すでに誰が相続するか決まっているとすぐに作成できますが、念のため、戸籍で相続人を確認した上で遺産分割協議書などをお渡しすることにしています。)

相続人の全員に、遺産分割協議書にご署名と実印を押印(印鑑証明書を添付)していただき、戸籍のご準備をしていただきます。

戸籍の取り寄せは相続手続きで手間のかかる作業のひとつです。遠方の本籍地の役場から郵送で取り寄せなければならないときは手間がかかりますので、当事務所がお客さまに代わってお取り寄せすることもできます

必要書類がそろったら、登記申請

通常、数日から1週間程度で法務局での審査が終わります。手続きが終わりましたら、関係書類をファイルにとじてお渡しいたします。

※登記申請の際、法務局に納める「登録免許税」など実費が必要になります。当事務所が遺産分割協議書など必要書類をお預かりする段階で、手続き費用をお支払いいただきます

 

相続登記に必要なもの

相続による名義変更登記(相続登記)に必要な書類は、

  1. 法定相続による名義変更の場合
  2. 遺産分割協議による名義変更の場合
  3. 遺言による名義変更の場合

で異なります。

※登記申請の際、戸籍謄本などの原本をいったん法務局に提出しますが、登記手続きが済めば還付してもらえます。また、相続登記の申請と同時に、「法定相続情報証明」の手続きをすることもできます。

 

a.法定相続による名義変更

亡くなった方の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本  
亡くなった方の住民票の除票(本籍地の記載があるもの)または戸籍の附票 →登記上の住所が記載されているもの
相続人の現在の戸籍謄本または抄本 →被相続人が死亡した日以後に取得したもの
相続人全員の住民票 →マイナンバーの記載がないもの
固定資産評価額がわかる固定資産税納税通知書、評価証明書  

 

b.遺産分割協議による名義変更

亡くなった方の出生から死亡までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本  
亡くなった方の住民票の除票(本籍地の記載があるもの)または戸籍の附票 →登記上の住所が記載されているもの
相続人の現在の戸籍謄本または抄本 →被相続人が死亡した以後に取得したもの
遺産分割協議書(実印を押印したもの)  
相続人の印鑑証明書  
不動産を引き継ぐことになった方の住民票 →マイナンバーの記載がないもの 
固定資産評価額がわかる固定資産税納税通知書や評価証明書  

 

c.遺言による名義変更

遺言書(自筆証書遺言の場合は、検認の手続きをしたもの)  
遺言者の死亡の記載のある戸籍謄本  
亡くなった方の住民票の除票(本籍地の記載があるもの)または戸籍の附票  
引き継ぐことになった相続人の戸籍謄本※  
引き継ぐことになった相続人の住民票 →マイナンバーの記載がないもの 
固定資産評価額がわかる固定資産税納税通知書や評価証明書  

※引き継ぐことになった相続人が親や兄弟姉妹の場合は、先順位の相続人がいないことが分かる戸籍も必要

 

※場合によって必要になるもの
「登記簿に載っているAさん」 と 「戸籍や住民票のAさん」が同じ人であることが、戸籍や住民票では明らかにならない場合があります。住民票や戸籍の附票は保存期間が短5年と短く、古いものが破棄されていることもあるからです。特に、本籍地を何度も移されている方は、戸籍の附票が取れないことが多いです。

そのようなときは、

  • 登記済証(いわゆる権利証)
  • (原)戸籍の附票
  • 不在籍証明書、不在住証明書

が必要になることがあります。⇒(もっとくわしく)相続登記に必要な戸籍が廃棄されていて取れないとき

 

 

また、相続放棄をした相続人がいるときは、相続放棄申述受理証明書や相続放棄申述受理通知書が必要になります。

 

相続登記の手続き費用(司法書士報酬、実費)

相続登記にかかる費用には、大きく分けると(1)登録免許税などの実費と(2)司法書士報酬があります。

相続登記にかかる実費

登録免許税=登記申請の際、法務局に収入印紙で収める税金で、税額は名義変更する物件の固定資産評価額×0.4%です。
(評価額が1,000万円の場合、登録免許税は4万円となります。)

※土地の相続登記で要件を満たせば、登録免許税が免税となる場合もあります。

 

その他の実費は、登記情報(1通335円)、登記事項証明書(1通480~600円)、戸籍謄本(1通450円)、除籍・改製原戸籍謄本(1通750円)、住民票(1通200~300円)の取得費用、郵送料などがあります。

 

司法書士報酬

おちいし司法書士事務所では、相続による名義変更(相続登記)の手続き費用を3通りのパック料金を設け、わかりやすい料金体系にしています。

  • おまかせコース
    =数多く取り寄せなければならない戸籍の準備から遺産分割協議書の作成、もちろん登記の申請まですべて司法書士におまかせするコースです。
  • 標準コース
    =手続きに必要な戸籍はお客さまにご準備いただき、遺産分割協議書から登記の申請までご依頼いただくコースです。
    (必要な戸籍は、お客さまでご準備いただけるところまでお取り寄せいただき、不足分のみ司法書士にご依頼いただくこともできます。そうすることで、おまかせコースよりはお安くなります。)
  • 節約コース
    =手続きに必要な戸籍のご準備や遺産分割協議書の作成までお客さまがなさることで、手続き費用を抑えることができます。
    (必要な戸籍は、お客さまでご準備いただけるところまでお取り寄せいただき、不足分のみ司法書士にご依頼いただくこともできます。)
項目 節約
コース
標準
コース
おまかせ
コース
初回相談
被相続人の出生~死亡の戸籍収集 ※1
相続人全員分の戸籍収集 ※1
戸籍のチェック ※2
遺産分割協議書の作成 ※3
評価額の調査、評価証明書取得
登記申請 ※4 ※5
登記完了後の登記簿取得
手続き報酬 60,000円+税 75,000円+税  90,000円+税

 
※1:パック料金には、戸籍5通分の取得報酬を含んでいますが、6通目以降については1通あたり2,000円+税を加算させていただきます。

※2:兄弟姉妹が相続人となる場合はチェックする戸籍の数が多くなりますので、20,000円+税を加算させていただきます。
   また、代襲相続が発生している場合も同様に、10,000円+税をさせていただきます。

※3:作成する遺産分割協議書は、名義変更する不動産に関するものです。預貯金など、不動産以外の遺産も含める場合は、20,000円+税~を加算させていただきます。

※4:申請先の法務局が複数の場合は、1箇所増えるごとに30,000円加算させていただきます。また、名義変更する物件数が多数の場合は、物件数に応じて加算させていただきます。

※5:土地Aは長男が、土地Bは長女が引き継ぐというように、複数名が不動産を相続する場合は、それぞれ登記申請することになりますので、各相続人に手続き報酬と実費をご請求させていただきます。戸籍収集や遺産分割協議書作成などは重なりますので、パック料金からおひとり様あたり20,000円減額いたします。

 

お問い合わせ、ご相談の予約

不動産登記の専門家は司法書士ですので、相続財産の中に不動産がある場合、司法書士へのご相談・ご依頼は必要になると思います。司法書士は相続登記だけに限らず、預金の相続手続きを含めた遺産承継(遺産相続手続き)もご依頼いただけます。まずは司法書士にご相談ください。

わからないことなどがございましたら、お電話(0942-32-0020)か問い合わせフォームからご連絡ください。

 

相続登記のブログ記事

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。