相続登記で使う戸籍謄本は返してもらえますか?

相続の手続きの際は、必ずと言っていいほど戸籍が必要になります。不動産を相続で名義変更の登記をするときも法務局に提出します。

法務局に提出した戸籍は返ってくる?

相続による名義変更の登記の際、戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍、住民票、遺産分割協議書、印鑑証明書などを数多くの書類を法務局に提出します。
すべての書類の原本を申請書につけたままでもいいのですが、戸籍って結構お金がかかりますよね。

  • 現在の戸籍=450円
  • 改製原戸籍や除籍=750円

何度か転籍(本籍地の移動)していたら、そのすべての本籍地から除籍謄本を取り寄せなければなりませんので、すぐに何千円となってしまいますので、できれば銀行の手続きなどにも使いまわしたいでしょう。

不動産の登記の場合は、「相続関係説明図」と呼んでいる家系図のようなものを提出することで、登記完了後に戸籍の原本を返してもらえます

だから、相続手続きに必要な戸籍関係は1部ずつご準備いただきましたら、名義変更の登記にも、銀行での預金の払い戻し手続きなどにも同じものを利用することができます。

相続登記が終わったら、戸籍一式をファイルに綴じてお返しします。

法定相続情報証明制度をご存知ですか?

いろいろな相続の手続きをするたびに、戸籍の束を提出するのは、大変だと思いませんか?
以前は、法務局や銀行、郵便局、証券会社など、それぞれの手続先に戸籍一式を提出しなければなりませんでしたが、平成29年から「法定相続情報証明制度」がはじまりました。

法定相続情報証明制度についての法務省の資料より

法定相続情報証明の手続きを法務局でおこなうと、法務局が戸籍をチェックして不備がなければ「法定相続情報一覧図」が交付されます。

法定相続情報一覧図のイメージ(法務省の資料より)

この証明書は銀行などでの相続手続きで戸籍の束の代わりに利用できます。証明書は、申請先の法務局で無料で発行してもらえます。必要な部数を申請したら、複数の銀行の相続手続きを同時に進めることができます。

この法定相続情報証明制度の手続きも、当事務所で代行できます。相続登記と同時に手続きすることもできます。

⇒(くわしくいことは)法定相続情報証明制度とは、どのような制度ですか?をご覧ください。

 

【本の紹介】

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。