被相続人の本籍地がわからないとき

本籍のどなたかが亡くなって、相続の手続きをするためには、まず相続人を確定することが必要です。

相続人を確定するためには、被相続人(亡くなった方)の生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍・改製原戸籍・除籍謄本を取り寄せる必要があります。

戸籍謄本などは、本籍を置く(または以前置いていた)市町村に請求しますが、意外と親のこととは言え本籍地を知らないのではないでしょうか?

 

本籍地は、何を見たらわかる?

戸籍は、本籍地と筆頭者を申請書に書いて請求しますので、本籍地がわからないと、戸籍と取ることはできません。

本籍は、昔は運転免許証に書いてありましたが、今は載っていませんよね。
身の回りに本籍地が書いてあるものはあまりないだろうと思います。

 

本籍地が分からなかったら、まずは住民票を取る!

どうやったら本籍地がわかるのか?

 

本籍地が分からなくても、住所はわかるでしょう。
まずは、亡くなった方の最後の住所地で、住民票の除票を取ります。
本籍地の記載があるものを!重要

相続手続きで必要な書類は、相続人であれば、亡くなった方の住民票の除票は取ることができます。

本籍地がわかれば、あとは遡って戸籍を取り寄せる

本籍地がわかれば、その本籍地の役場で、亡くなった方が記載されているすべての戸籍を請求します。

請求先の役場まで行ける距離であれば、その役場まで行って窓口の方に、

「相続手続きに使うので、被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍を出してください」

と伝えてください。

すると、多少時間はかかりますが、その役場にある被相続人の戸籍、除籍、原戸籍のすべてを交付してくれます。

 

1つの役場ではそろわない?

「被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍を出してください」と告げて請求しても、すべての戸籍がそろうとは限りません。むしろ、そろわないことのほうが多いのではないでしょうか?

なぜでしょうか?

 

本籍地を移した(転籍した)とき

引っ越しをしたときなどに、本籍地も住所地に移すことがあります。

転籍をしていると、転籍する前の本籍地に、転籍するまでの戸籍を請求しなければなりません。
転籍する前の本籍地は、戸籍に書いてあります。

 

結婚したとき、離婚したとき

生まれてから結婚する前までは、親の戸籍に入っていますが、結婚すると、新たに戸籍が作られます。(新戸籍編製)

親の戸籍には、

〇〇と婚姻夫(または妻)の氏を称する旨の届け出昭和◯年○月○日受附【新本籍地】に新戸籍編製につき除籍

と書いてあり、

新しい戸籍には、

〇〇と婚姻届出昭和◯年○月○日受附【従前の本籍地】【従前戸籍の筆頭者】戸籍より入籍

と書いてありますので、どちらの戸籍からもつながりが分かるのです。

 

離婚したときは、筆頭者はその戸籍のままですが、配偶者はその戸籍から出ていくことになり、従前の戸籍に戻ったり、離婚によって新しい戸籍を作ったりします。

 

相続手続きでは、被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍が必要ですので、転籍したり、結婚や離婚をしたりして、新たな戸籍を作っていた場合は、転籍前の戸籍なども取り寄せなければなりません。

 

戸籍の取り寄せが大変だと感じたら。。。

わたしは司法書士の業務の中で戸籍に触れる機会が多いですが、一般の方ですと、戸籍を目にする機会も少ない上に、遠方の役場に戸籍を請求することは手間と時間がかかり、ストレスに感じるかもしれません。

面倒だなとい思われたら、ぜひ司法書士にお任せください。お客さまに代わって、必要な戸籍をすべてお取り寄せいたします。

 

法定相続情報証明の手続きをご依頼いただくと、職務上請求書を使って、スピーディーに手配いたします。

 

法定相続情報証明制度のことはコチラ

 

参考となる書籍

 

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。