権利証が見つからないけど、相続登記はできますか?

登記済証のスタンプ

相続、贈与、売買による名義変更の登記をしたとき、法務局から登記済証/登記識別情報が交付されます。いわゆる「権利証」とよばれるもので、以前は、書類の末尾に朱色のスタンプが押してある登記済証でしたが、今は登記関係の書類もコンピュータ化され、「登記識別情報」というものに変わっています。

登記済証

登記済証

登記識別情報

登記識別情報

 

売買や贈与などによって名義変更の登記の際は、所有者が持っている権利証(登記済証/登記識別情報)を登記を申請する法務局に提出しなければなりません。これは、現在の所有権者が自分の権利証を提出することで、登記申請する意思があることを明らかにするためです。

一方、相続登記においては、権利証(登記済証/登記識別情報)は不要とされています。
なぜなら、登記をする時点において、現在の所有者である被相続人の意思確認することができないからです。その代わりに、戸籍や遺産分割協議書などで相続があったことを証明するわけです。

だから、相続による名義変更をする際に権利証が見つからなくても、何の問題もありません。相続登記が終わりましたら、新しい権利証(登記識別情報)が発行されますのでご安心ください!

もし権利証(登記済証/登記識別情報)がお手元にあれば、物件の所在を確認できますし、まれに権利証(登記済証)を使うケースもありますので、ご相談・ご依頼の際にお持ちいただけると助かります。

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。