司法書士が手続きに必要な戸籍を取り寄せします

手続きをするときに、役場が発行する証明書が必要になることがあります。
多いのは、住民票や印鑑証明書でしょうか?

不動産登記のときも、

をご用意いただきます。

 

お客さまの中には、平日は仕事で、なかなか役場に行って証明書を取ってくる時間がないという方もいらっしゃるでしょう。また、戸籍は本籍地の役場に請求しますが、本籍地が遠方だと郵送での取り寄せになって面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。

そのような方は、当事務所がお客さまに代わって、手続きに必要な住民票や戸籍謄本などをお取り寄せいたしますので、お気軽にお申し付けください。

※印鑑証明書を取るには印鑑カードが必要ですので、司法書士が代わってお取りすることはできません。

 

注目!

自治体によっては、コンビニのコピー機で証明書を取ることができます。マイナンバーカードや住基カードをお持ちの方は、お住まいの自治体が対応しているかお調べになってはいかがでしょうか?

 

司法書士がお客さまに代わって戸籍謄本や戸籍の附票、住民票を取り寄せるときは、通常「職務上請求書」という専用の用紙を使って請求します。司法書士の「職務上」必要だから請求できるのであって、無条件に取れるというわけではありません。

だから、ただ単に「本籍地が遠方なので、わたしの戸籍謄本を取ってください」という依頼では、職務上請求書を使うことはできません。

また、公正証書遺言を作成するに際して、公証人から相続人の戸籍謄本の提出が求められますが、遺言作成をサポートしている司法書士が代わりに取ることはできません。公正証書遺言作成のサポートは、司法書士が資格に基づいて処理すべき業務ではないからです。

「職務上請求書」を使って、戸籍を取ることができない場合でも、戸籍謄本の請求を司法書士に委任する旨の委任状をいただけば、お客さまに代わって、お客さまが必要な戸籍をお取りすることができます。

現住所と本籍地が同じなら、住所地の役場に行けば取れるので、そう難しくはないと思いますが、現住所と本籍地が違う方は、戸籍を取るのも大変かもしれません。

ましてや、相続手続きに必要な戸籍関係は、亡くなった方の生まれたときからの古い戸籍も必要になってきますので、なかなか難しいかと思います。

 

特に、相続手続きの場合は、

戸籍の取り寄せが大変だった

とおっしゃるお客さまが多いですので、請求先の役場が遠方の分は、司法書士におまかせいただいた方がストレスなく手続きができるかもしれません。

 

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。