不動産の名義変更の見積もりには、評価額がわかるもののご準備を!

不動産の名義変更をご検討中の方からのご質問で多いのが、

名義変更するのに、いくらくらいかかりますか?

 

手続きするのに、いくらかかるかは、やはり気になりますよね。

でも、簡単にはお答えできないのです。

 

名義変更登記にかかる費用

不動産の名義変更登記をする際にかかる費用には、大きく分けると

  1. 実費
  2. 司法書士報酬

があります。

ご自身で手続をなさる際は、2.の司法書士報酬は不要です。

その代わりに、

  • 手続きのことを調べる時間
  • 法務局に相談に行く時間
  • 書類を作成する時間
  • 法務局に書類を提出しに行く時間
  • 訂正箇所があれば、法務局に訂正しに行く時間
  • 登記が終わったあと、法務局に書類を取りに行く時間

など、数々の手間がかかります。

 

当事務所の司法書士報酬は、料金表のページに掲載しています。

おちいし司法書士事務所の料金表はコチラ

 

 

名義変更登記の実費

 

不動産の名義変更登記の際に発生する主な実費には、

  1. 登録免許税
  2. 登記簿取得費用
  3. 住民票、印鑑証明書などの証明書取得費用
  4. 郵送代

などがあります。

 

b.の登記簿の取得費用は、名義変更する物件数で変わります。

登記申請前(申請書などを作成する前)と登記完了後に取得します。

※司法書士は、申請前の段階では、登記情報で確認することが多いですが、場合によっては、閉鎖謄本を取って確認することもあります。

 

登録免許税は評価額がわからないと計算できません

見積額に一番影響するのが『登録免許税』です。

登録免許税は、登記を申請する際に、収入印紙で(オンライン申請の際は、電子納付もOK)納めます。

 

登録免許税の計算方法は、

名義変更する物件の固定資産評価額 ✕ 税率

ですので、固定資産評価額がわからないと手続き費用の概算見積もりをご提示することができません。

 

※税率

  • 原則 2%(20/1000)
  • 土地の売買 1.5%(15/1000)
  • 相続 0.4%(4/1000)

 

たまに、「固定資産税は年間で◯万円くらいなんですけど…」と言われる方もいらっしゃいますが、税額から逆残して評価額を導き出すことはできません。

 

必ず

  • 毎年4~5月に所有者宅に役場から送られてくる固定資産税の納税通知書
  • 役場で発行される評価証明書

をご用意ください。

 

当事務所にお見積りを希望される方は、

  1. 上記の固定資産税の納税通知書の物件明細書のページ(表紙ではなく、中程の土地・家屋それぞれの所在地、面積、評価額、課税標準額、税額など、たくさん数字が書かれたページ)か、評価証明書をスマホで写真に撮って
  2. メールに添付して送っていただきましたら、
  3. 見積書をメールにて返信いたします。

 

おちいし司法書士事務所へのお問い合わせはコチラからどうぞ

 

 

登録免許税関連の書籍

不動産・商業等の登記に関する Q&A 登録免許税の実務

 

登録免許税の軽減のための住宅用家屋証明の手引き

 

事例解説 不動産をめぐる税金

 

 

このサイトをフォローする!

投稿者プロフィール

落石 憲是
落石 憲是司法書士
おちいし司法書士事務所の代表の落石憲是です。代表と言っても、司法書士ひとりの事務所です。ホームページはすべて私自身で書いています。

ご相談予約

おちいし司法書士事務所へのご相談予約・お問い合わせは、電話0942-32-0020へ
福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。