抵当権解除証書の不動産の表示

住宅ローンを完済したお客さまから、抵当権抹消登記をご依頼いただくときは、

  1. 金融機関から受け取られた抵当権抹消登記に必要な書類一式
  2. 認印
  3. 運転免許証等の本人確認できるもの

をご準備のうえ、ご来所いただいています。

 

1.の書類には、

  • 抵当権設定契約書(登記済証)か登記識別情報
  • 抵当権解除証書、登記原因証明情報というタイトルの書類
  • 金融機関の登記委任状

などが入っています。

そのうち、抵当権解除証書には、どの物件の抵当権を解除するかを記入する欄があります。

多くの場合、空欄(不動産の表示のところだけでなく、解除の日付も空欄ということもあります。)ですが、先日ご依頼いただいた案件では、不動産の表示が記入されていました。

その抵当権解除証書には、

不動産の表示

久留米市日吉町●番の土地

久留米市日吉町●番地 家屋番号●番の建物

と書いてあったのです。

 

不動産の表示が空欄の場合、私だったら、

不動産の表示

久留米市日吉町●番 宅地 ●㎡

久留米市日吉町●番地 家屋番号●番 居宅 木造瓦葺平家建 ●㎡

 

と、土地だったら所在・地番・地目・地積を、建物だったら所在・家屋番号・種類・構造・床面積を記入します。

 

所在・地番(家屋番号)しか書かれていない抵当権解除証書で登記できるのか調べたところ、大丈夫でした。

「登記研究」という専門誌の503号に、

抵当権等の抹消登記の登記原因証書への不動産の表示方法
【問】抵当権等の抹消登記の申請書に添付する登記原因証書に抹消すべき抵当権の表示、原因日付、抵当権者の表示が記載されている場合は、不動産の表示は次のような記載で足りると考えますがいかがでしょうか。
 1 A市B町一丁目1番1の土地
 2 A市B町一丁目1番地1  家屋番号 1番1の建物

【答】御意見のとおりと考えます。

という質疑応答がありました。

 

ご依頼いただいた案件も、金融機関が用意した抵当権解除証書を添付して、補正なく完了しました。

 

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。