遺言に有効期限はあるのか?

亡くなった親の遺品を整理していたら、10年以上も前に書かれた遺言が見つかったのですが、この遺言は今でも有効なのでしょうか?

 

遺言は、遺言を書いた人が亡くなってから効力が出る書類です。
だから、10年前に書かれた遺言でも、遺言を書いた人がまだお元気だったら、遺言としての効力はまだありません。

遺言を書いた人が亡くなっていたとしても、遺言には有効期限はありませんので、10年以上前に書かれた遺言だとしても有効です。

 

ただし、注意すべきことがあります。

遺言を何回か書いて、前の遺言と違う内容の遺言を書いたときは、その「矛盾する内容の部分のみ」取り消されたものとみなされます
つまり、矛盾する内容の部分については、新しい方の遺言のみ有効となります。

遺言を書き直す場合は、前に書いた遺言は撤回して、すべてを改めて書くと誤解を生じなくていいでしょう。複数の遺言が出てくると、あとあと相続争いになりかねませんので。

また、遺言に書かれた財産を、遺言を書かれた方が生前に売却したり贈与したりしたときも、その財産の部分についてのみ取り消されたものとみなされます。

当然のことですが、遺言を破棄した場合も、その遺言の効力はなくなります。

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。