地番と住居表示

登記事項証明書交付申請用紙

あなたの住所は、どのように表記しますか?

  1. ◯番◯号
  2. ◯番地◯

ふだんは、【◯-◯】のように書くことが多いので、あまり気にならないことかもしれませんね。

 

でも、不動産の登記簿を取る場合は、『地番』が分からないと、調べたい物件の登記簿を取ることができません。

 

自宅の登記簿を取るときに、自宅の住所の表記が1.の場合、住所を登記簿の請求用紙に書いて登記簿を請求したら、

  • 該当する物件がないので、登記簿が出ない
  • 違う物件の登記簿が出てくる

ということになる可能性が大です!

なぜなら、◯番◯号は「住居表示」だから。

 

どうやったら地番が分かるのか?

ご自分(ご家族)の所有物件なら、

1.権利証(登記済証、登記識別情報)

2.固定資産税の納税通知書

を確認すると分かります。

 

これらがない、見当たらない場合は、

3.法務局などにあるブルーマップで調べる

ブルーマップとは、「住所」から不動産登記の「地番」が簡単に分かるようにした地図帳のことで、住宅地図の上に、法務局の「公図」の内容を重ねあわせて印刷したもので、その内容が青色で印刷されているためブルーマップと呼ばれています。

法務局まで行って調べるのも面倒ですよね。わたしも、法務局に行った時にしかブルーマップで調べることはあまりありません。法務局に行ったとしても、その法務局が管轄する物件しか調べることはできません。

 

4.登記情報提供サービスの「地番検索サービス」を利用する

登記情報提供サービスで住居表示から地番を検索することができます。これは便利ですね。

 

5.管轄の法務局に電話する

物件の管轄法務局の証明書発行窓口に電話をすると、調べて教えてもらえます。

管轄の法務局は、法務局のホームページで調べることができます。

 

ちなみに、当事務所では、お客さまに代わって、登記簿をお取り寄せするサービスをしています。

パソコン、スマホからネットで当事務所に申し込んで、費用をお振込みいただくだけで、ご自宅に登記簿が届きます。登記簿でなく、登記情報提供サービスで取る「登記情報」でしたら、登記簿と同じ内容のPDF文書をメールですぐにお届けします。

 

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。