生命保険金と相続放棄

<相談内容>
夫が12月に亡くなりました。家は賃貸のアパートに住んでいて、預金は100万円くらいで、銀行のカードローンが約500万円ありますが、 生命保険金が4000万円くらいあります。
夫の残した借金は、生命保険金で返済すべきでしょうか?
子どもを育てなければならないので、できれば相続放棄をしたいのですが。

司法書士としては、生命保険金で返済すべきとか、相続放棄をしたほうがよいとかをお答えすることはできませんが、どちらも取りうる選択肢です。

(1)プラスの財産もマイナスの財産も相続する

相続放棄をせずに、通常の相続手続きを選んだ場合、夫のプラスの財産もマイナスの財産も相続します。

生命保険金を受け取ることができますので、その保険金で借金を返済してもいいでしょう。

 

(2)相続放棄をする

相続放棄をすると、プラスの財産もマイナスの財産も相続しません。

生命保険金はどうなるのかというと、相続財産にはあたりません。
つまり、生命保険金は受取人の固有の財産として扱われます。

だから、相続放棄したとしても、生命保険金は受け取ることができます。

もし第1順位の相続人全員が相続放棄をしたら、夫の預金や借金などは夫の両親(両親とも亡くなっている場合は、夫のきょうだい)が相続することになりますので、相続放棄したことを次の順位の相続人に伝えておくととよいでしょう。

相続放棄のくわしいことはコチラ

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。