2019(令和元)年10月から変わること

今年(2019年)の10月から、司法書士の仕事関連で変わることがあります。

消費税が10%に

消費税のことは、連日報道されていますので、ご承知でしょう。

司法書士事務所には、軽減税率の適用はありませんので、そう煩わしくはありません。

物によって税率が異なったり、同じものでも店内飲食か持ち帰りかで税率が変わったりする事業者にとっては、準備も10月以降も慣れるまでは大変でしょうね。

 

消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)|国税庁

 

当事務所は、ご請求金額のうち、司法書士の報酬部分に消費税がかかりますので、
10月以降に手続き費用をご請求する場合は、数千円?増えることになります。

少しでも手続き費用を抑えたいとお考えの方は、早めにご依頼ください。

また、お見積時とご請求時で消費税率が変わることで総額が異なる場合があると思います。
あらかじめご承知おきください。

 

郵便料金の値上げ

https://www.post.japanpost.jp/service/2019fee_change/index.html

お客さまとの書類のやり取りや法務局への添付書類の送付、裁判所への裁判所類の送付など、日々、書類を発送していますが、郵便料金が値上げになります。

種類 重量 9/30までの料金 10/1以降の料金
定形郵便物 25g以内 82円 84円
50g以内 92円 94円
定形外
郵便物
規格内 50g以内 120円 120円
100g以内 140円 140円
150g以内 205円 210円
規格外 50g以内 200円 200円
100g以内 220円 220円
150g以内 290円 300円
通常はがき 62円 63円

 

種類 9/30までの料金 10/1以降の料金
速達 280円 290円
一般書留・現金書留※2 430円 435円
簡易書留 310円 320円
レターパックプラス 510円 520円
レターパックライト 360円 370円

 

登記情報の手数料の値下げ

当事務所では、請求書/領収書はExcelで作成しているのですが、
10月以降はその消費税のセルの計算式を修正しないといけないなぁと考えていたとき、
登記関係のご依頼の際、必ず確認する「登記情報」の手数料はどうなるか確認しました。

登記情報の手数料中の消費税は1円でしたので、10%になっても変わらないと思っていました。

 

しかし、その後「登記情報提供サービス」のホームページを確認したところ、なんと1円値下げとなっていました!

https://www1.touki.or.jp/news/details/info19_011.html

値下げが1通1円のため、ご請求金額の総額には、ほとんど影響はありませんね。

 

キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)

「キャッシュレス・消費者還元事業」(ポイント還元事業)は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9か月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援するものです。

経済産業省ホームページより

 

当事務所では、Squareの決済端末を無料でいただいたので、あわせてポイント還元事業の事業者登録もしました。

あとは、私がどのように利用するかです(笑)

 

登記のご依頼の場合、ご請求金額を大きく分けると

  1. 司法書士報酬
  2. 実費(登録免許税、登記事項証明書の取得費など)

があります。

ご請求金額のすべてをカード決済すると、全額に対して決済手数料がかかりますので、
当事務所が実費の一部を立て替えることになってしまいます。

だから、今のところ、実費がかからない相談料での導入を考えています。

 

キャッシュレス・消費者還元事業

 

 

このサイトをフォローする!

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。