不動産登記に使う住民票は、マンナンバーの記載のないものをご準備ください

不動産の登記の添付書類として、「住民票」をご準備いただくことがあります。

たとえば、

 

ご準備いただく住民票に記載がないようにしていただきたいのが、個人番号(いわゆるマイナンバー)です。

法務省のホームページ

平成28年1月から個人番号(マイナンバー)の利用が開始されていますが,不動産登記の手続においては個人番号を利用することはできません(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27条)第19条「特定個人情報の提供の制限」参照)。
そのため,不動産登記の申請には,個人番号の記載がない住民票の写し等を添付してください(個人番号の記載がある住民票の写し等は添付しないでください。)

と注意があります。

マイナンバーは、原則として他人に見せてはならないものです。
司法書士から「住民票をご準備ください」と言われたときには、マイナンバーの記載がない住民票を用意してください。

※マイナンバーは申し出がない限り、住民票に記載されることはありません。

 

登記申請の際、誤ってマイナンバーが記載された住民票を提出したら?

添付書類としてマイナンバーが記載されてた住民票を提出した場合は、原則として、法務局の調査のときにマイナンバーの部分がマスキングされます。

 

マイナンバーの部分をマスキングした住民票を添付書類として提出したら?

マイナンバーがマスキングされた住民票が法務局に提出したとしても、住民票の原本が提出したことにはなりません。つまり、マイナンバーがマスキングされた住民票を添付書類として取り扱われません。

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。