完済して数年後、抵当権の抹消登記をしようとしたら、銀行の代表者が変わっていても手続きできますか?

住宅ローンを完済しても、それで住宅ローンの手続きがすべて終わりとはなりません。住宅ローンを借りる際、ご自宅の土地と建物に登記した金融機関の抵当権は完済したからといって自動的に消えることはありません。銀行が手続きしてくれることもありません。不動産の所有者が抵当権を消す登記(抵当権抹消登記)をしなければなりません。

 

住宅ローンを完済すると、金融機関から抵当権抹消登記に必要な書類が送られてくると思います。
(受け取ってないという方は、金融機関にお問い合わせください。)

その封筒の中には、

  • 抵当権設定契約証書(登記済証)または登記識別情報
  • 抵当権解除証書、抵当権弁済証書などと書かれた書類
  • 金融機関からの登記委任状
  • 金融機関の登記簿(←入っていないことも多いです)

などが入っています。

金融機関からの書類を受け取ったあと、しばらく手続きを放っておいたあいだに、その金融機関の代表者が変わっていても、手元にある書類で手続きできるでしょうか?

抵当権の登記を消すにはどうしたらいいの?

抵当権解除証書や委任状には、完済した当時の代表者名で作成されていますので、新しい代表者名の書類に差し替えてもらうのも一つの方法でしょう。

しかし、不動産登記法17条には、

(代理権の不消滅)
第17条  登記の申請をする者の委任による代理人の権限は、次に掲げる事由によっては、消滅しない。
 一  本人の死亡
 二  本人である法人の合併による消滅
 三  本人である受託者の信託に関する任務の終了
 四  法定代理人の死亡又はその代理権の消滅若しくは変更

と定めてあり、4号の「法定代理人」には法人の代表者も含まれるという取り扱いですので、旧代表者の委任状を使って手続きできます。

 

通常の申請と違って、申請書に旧代表者の代表権が消滅した旨を記載しなければなりません。
また、会社法人等番号によって旧代表者が代表権を有していたことを確認できない場合は、旧代表者の記載がある登記事項証明書を添付する必要があります。

申請書は、以下のように書けばいいでしょう。

  登記申請書

登記の目的 1番抵当権抹消

原因 平成28年4月1日 解除

抹消すべき登記 昭和●年●月●日受付第●号
        共同担保目録(●)第●号

権利者 A

義務者 株式会社B銀行  代表取締役 D(会社法人等番号0000-00-000000)

添付書類 登記原因証明情報 登記済証 代理権限証書 会社法人等番号※
登記識別情報を提供できない理由 登記済証を所持しているから

平成●年●月●日申請 ●法務局 ●支局

代理人 福岡県久留米市日吉町16番地1 ダイマンビル6階  司法書士 落石憲是
     電話番号 0942-32-0020

登録免許税 金2,000円

その他事項 登記義務者の代表者Cの代理権限は消滅している。
      代理権限を有していた時期は平成●年●月●日から平成●年●月●日である。
不動産の表示 (省略)

※会社法人等番号によって旧代表者Cが代表権を有していたことを確認できない場合は、旧代表者Cの記載がある登記事項証明書を添付する必要があります。

 

なお、「登記情報659号」に、申請書に記載する金融機関の代表者の氏名は、

登記申請時における代表者の氏名を提供すべきであり、委任をした旧代表者の氏名を提供した場合には、不登法第25条第5号に抵触するため、補正の対象となる(「登記情報659号」p23)

とありました。

上記のことは、この本にも書いてあります。

ご相談予約

福岡県久留米市のおちいし司法書士事務所では、ホームページを見てお問い合わせいただいた、個人のお客さまからのご依頼を大切にしています。ご相談は司法書士 落石憲是がすべて対応します。ご相談は予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談予約は、電話(0942-32-0020)か、お問い合わせフォームからお願いします。フォームからのお問い合わせには、原則、その日のうちにメールでお返事いたします。万が一、24時間経ってもメールが届かないときは、何らかのトラブルが生じていると思います。お手数ですが、もう一度ご連絡いただきますようお願いいたします。